創立50周年を迎えました 〜社長挨拶〜

知命の年-お客様の声を礎に

 

平成27年1月、弊社はおかげさまをもちまして創業50周年を迎えました。これはひとえにお得意先やお取引先の皆様のご支援の賜ものと心より感謝申し上げます。

50年前の昭和40年、当時は前年に開催された東京オリンピックの興奮がいまだ冷めやらぬ中、有史以来の好景気といわれたイザナギ景気がまさにスタートしようとする時期でした。このように世の中が明るく照らされる様を社名に取って、弊社、東光商事は、京浜工業地帯の一角の横須賀の地に産声を上げました。

以来、業務用衣類の納入会社として、お得意先の個別のニーズにお応えする提案型の営業スタイルをモットーとし、地域市場に密着した営業活動を続けてまいりました。平成22年からは、多彩な商品提案力を生かして、インターネットショップ事業を開始し、日本全国の個人・法人のお客様とのダイレクトなお取引を年々拡大しております。

一方で、少子化が進み、人口減少とともに超高齢化社会に向かう現在、商品や市場が急速に変化し、これまで培ってきたスキルやサービスが十分に機能しなくなってきています。インタラクティブな情報化の進展によって、売り手の発信力だけでなく買い手の要望への受信力がサービスの質を大きく左右するようになりました。

50歳を「知命」といいます。論語の「50にして天命を知る」から来た言葉です。これまで以上にお客様の声に耳を傾け、市場のニーズを知ることで、東光商事株式会社は、新たな50年の未来を新しい光で照らしていく所存であります。
この大きな節目に際しまして、皆様のご厚情に重ねて感謝申し上げるとともに、なお一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

平成27年新春

東光商事株式会社 

代表取締役 藤村 昌一